ブロンプトンのポタ仕様2011

昨シーズン、あれこれいじくっていちおう完成したプロンプトンの遠征仕様ですが、今シーズン後半の遠征に備えてポタリング仕様に変更します。

ブロンプトンで激坂コースを走るのは非常に疲れるため、今後の遠征については「激坂回避」を基本とします。

便利に使えるCバッグは荷物を大量に運べるためとても便利です。それゆえにフロントが非常に重くなってしまいます。そこで、もう少し小型のバッグを使うパターンも用意します。

まずはブロンプトンの補修作業から始めます。

用意したパーツ

BROMPTON Gear Trigger for 3 SpeedGear Sturmey 3,150円
BROMPTON handlebar catch, spring, bolt and nippl 1,470円
BROMPTON Nylon Hook & Fittings at Front Axle 840円
宅配便送料 愛知県 630円
代金引換手数料 315円
総合計 6,405円


神奈川の三浦半島を走行中に落下させて紛失してしまった小物。


ネジを締めてもすぐにガタが出て運搬の支障が出るため交換した小物。


ひっかかりがあって変速に支障が出ていたのでシフトレバーを交換。しかし、ひっかかりの解消はせず。余計ひどくなったような…


ごちゃごちゃしているハンドル周りを変更します。


今後はブロンプトンで激坂遊びはやらないので、バーエンドバーを小型のものに交換。ハンドルは一つ前のライザーバーに戻しました。


TIOGA(タイオガ) フロント バック ホルダー


ライトとサイクルメーターをここに設置。


リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) オールラウンダー ツーリング フロントバッグ KT815
RIXEN&KAUL マルチクリッププラス KF813


なんかすごいことになっていますが…


バッグを付けるとそれなりに見栄えがよくなります。

タイオガのフロントバックホルダーを使ってバッグをもっと低い位置に設置したかったのですが、折り畳みに支障が出てもろくも企画倒れ。結果的にこのようになりました。

以上、4日間も費やした作業でした。




関連エントリー