続・ポタリング仕様のGIOSアンティーコ

中途半端なリラックスポジションが原因なのか、往路では腰に痛みを感じました。復路で前傾を少しきつくしてみると痛みが治まったためハンドル位置を下げてみます。


アンティーコの場合はスペーサーを1つずらすだけで、ここまで下がってしまいます。要するに細かい調整はできないということです。これでしばらく様子見。


シートアングルが倒れ過ぎなのはミニベロの宿命とはいえ、サドル位置を普通にセットしてしまうと、“蹴り出し”を強くして回すことになり、膝への負担が非常に大きい。そのため、今まではオフセットがゼロのシートポストに交換していました。今回のポタリング仕様で標準品に戻しましたが、サドルを限界まで前に出してもイマイチです。


弁当の運搬さえできれば良いと割り切って、巨大なバッグは早々に使うのをやめて、これに変更。(荷重バランスを考えての事です)

ドロップハンドルからブルホーンハンドルに交換して「あれ?」と感じたことは、不思議なことにダンシングを普通にできるようになったことです。ホイールベースが短いミニベロの場合は、荷重バランスを上手く取らないとダンシングができないのですが、激坂で無くてもダンシングができるようになってしまいました。このブルホーンハンドルを使ったことで、たまたまバランスが取れるようになっただけかもしれませんが。




関連エントリー