屋久島サイクリング再び

2012年9月のブロンプトンの旅『猿と鹿の楽園「屋久島」でヒルクライム』は台風直撃のため予定通りにはいかず未練があります。

旅の目的を前半は屋久島、後半は佐多岬に設定して、「1日目 空港→白谷雲水峡(ヒルクライム&トレッキング)→永田の宿」、「2日目 永田の宿→反時計回り(立ち寄りポイント数箇所)→安房の宿」、「3日目 安房の宿→ヤクスギランド(ヒルクライム&トレッキング)→空港」でしたが、台風直撃では飛行機どころかフェリーすら使えなくなる可能性が高く、メインイベントの佐多岬を最優先にするため、2日目の昼のフェリーで鹿児島市内に戻りました。

往復とも「鹿児島空港~屋久島空港」を使うと、2泊3日で「屋久島サイクリング(ヒルクライム&トレッキング)」または「縄文杉トレッキング」を楽しむことができます。3泊4日にすれば両方とも思う存分に楽しむことができますが、飛行機を使うと予定がほぼ確定されてしまうことです。「天候次第であれこれ考える」ならばフェリーを使うしかありませんが、これも都合よくいかず、鹿児島市内に前泊と後泊が必要になります。鹿児島市内に前泊して翌日のフェリーで屋久島に着いても使える時間が半日しかありません。

何か良い方法は無いものかと調べてみると、種子島経由で午前7時に屋久島に着港するフェリーがあることが分かりました。

フェリー はいびすかす
鹿児島 (谷山港) 18:00-21:40種子島 (西之表港) 5:00-7:00屋久島 (宮之浦港)

これを使えば、初日は鹿児島市内の観光ができ、船内泊で宿泊代も節約でき、翌日はまるまる1日使えます。

二日目:屋久島サイクリング
三日目:縄文杉トレッキング
という効率が良いスケジュールを立てることができ、いざ出発。

レポート
屋久島サイクリング2018
縄文杉トレッキング2018
おまけの鹿児島観光サイクリング編




関連エントリー