白いサドルと白いバーテープ

GIOSアンティーコのサドルを交換することにしました。GIOSアンティーコに乗るようになってから坐骨の痛みとの闘いになっています。かと言って、サドルをあれこれ購入して試すという金銭的な余裕はありません…

「骨盤を倒して乗る人で尿道が痛くなる場合」の方があっさり解決するらしいのですが、「骨盤を立てて乗る人で坐骨が痛くなる場合」の方がサドル選びに苦労するらしいです。私は後者です。そこで、「BIANCHI Via Nirone」で180km以上走っても坐骨の痛みは発生しないため、フィジークのALIANTEを購入することにしました。(坐骨の痛みとサドルの柔らかさは殆ど関係ないです)


フィジーク ALIANTE Gamma k:iumレール ホワイト
11560円 + 送料735円

SHIMANO PRO バーテープ ADHESIVE ゲル フラワーホワイト
1390円

サドルをブラックにすると戦闘的な雰囲気になるのですが、GIOSアンティーコらしさが更になくなってしまうためホワイトにしました。標準品のバーテープはクッション性がイマイチですので、ついでに交換しました。


チェーンリング(FC-6600)
リアスプロケット(CS-5700)
10スピードチェーン(CN-5701)
STIデュアルコントロールレバー(ST-5700)
リアディレイラー(RD-4500)
SPDペダル(PD-A530)
キャリパーブレーキ(BR-6700、BR-R650)
タイヤ(パナレーサー ミニッツライト 20×1-1/8)
サドル(フィジーク ALIANTE Gamma)

とりあえずは、GIOSアンティーコの“どこでも自転車”化の第一弾としては完成しました。




関連エントリー