山岳ブルベ仕様のフェニックス完成

昨年の4月、AR中部主催の過酷な山岳ブルベをクリアするために購入したフェニックスですが、山岳ブルベ用にセッティングしている途中でドクターストップが掛かり、その後もいろいろあって、今となっては「要らんかったかも」状態にあります。

このまま放置というわけにもいかず、今さら感はありますが、買ってしまったからにはとりあえずは最終仕様に仕上げておきます。

実は、残されていた宿題になっていた山岳ブルベ用のタイヤに交換してオシマイです。


林道のような路面状態が良くないルートが組み込まれることがあるため、グラベルキングの26cを使います。このタイヤは2015年の中部200でニローネに使ったものです。


28cまで対応しているロングバルブのチューブ。※2015年3月に購入


さくさくと交換です。なぜかC24の時は嵌めるのに苦労してチューブをバーストさせましたが、C50にはすんなり嵌りました。


山岳ブルベ仕様のフェニックスが完成しました。

フルカーボンフレーム、ディープリムホイール、26cタイヤ、11-28Tのスプロケット、46/36Tのチェーンリングという、一般的には“あり得ない”仕様です。

あくまでも、メリットを積み上げていったらこうなったと事例です。メリットがあればデメリットもありますが、それを分かった上での選択肢です。

夏場は午前中のみ限定で近場をうろうろしていますが、紅葉シーズンには少し遠出したいものです。

そして「買ってしまったからには使わなければ」という貧乏根性で、来シーズンはブルベに再参加です。




関連エントリー